高尿酸血症 痛風

サイトマップ

好きなビールや食事を制限しても
たびたび痛風の発作に襲われているあなた・・・
あなたが好きなビールを飲みながら
痛風を改善する方法があるのですが・・・


⇒■薬・厳しい食事制限の要らない痛風・高尿酸血症改善法

【痛風はビールや油ものの食事を制限してもなかなか改善されない】



痛風の激痛は突然、あなたを襲い、救急車で運ばれた人も多い事でしょう。

風が吹いても痛いとさえいわれている痛風の激痛は、経験したことのない人には理解できない痛みかもしれません。

高尿酸血症の99%くらいの人が痛風を発症しています。

痛風は足の第一指(親指)の付け根が真っ赤に腫れて、激痛を起こしてしまう発作ですが、これは体の内部にある血中の尿酸が増加して、関節に炎症を与える病気です。

高尿酸血症を10年以上も放置しておくと、突然、痛風の発作にお触れる事が多いのです。

痛風と診断された人は、医者からビールなどのお酒や油っこい食事を制限された事でしょう。

プリン体の多い食品は避けないといけないとか説明されて・・・

ただ痛風は発作が起きて医者にかかったりすれば2〜3日でだいぶ痛みも治まり、2週間もすればだいたい良くなってしまい、発作は半年に1回くらい起こるのが普通ですから忘れてしまうんですよね、あの辛さを・・・

実は痛風の発作は激痛を伴いますが、本当に怖いのは合併症だという事をご存知でしょうか?

糖尿病などの場合は合併症はよく知られているので、ご存知の人も多いでしょうが、実は痛風も合併症が怖いのです。

痛風を改善しないで、食生活や生活習慣をあらためないで放っておくと合併症を起こす危険があるのです。

痛風の合併症で多いのが糖尿病と同じように腎障害です。

腎不全などがひどくなって、人工透析をしなければならなくなるケースも稀ではないのです。

人工透析を行うようになると週に3回、ほぼ1日置きに病院に行かなければなりません。

しかも人工透析は3時間から4時間かかるのが普通です。

簡単に臓器移植もできませんから、決まった日に必ず、台風だろうと大雪だろうと病院に行かなければ命にかかわってしまう恐ろしい病気です。

あなたも合併症を起こす前にこの「薬・厳しい食事制限の要らない痛風・高尿酸血症改善法」で痛風を改善してみませんか?

⇒■薬・厳しい食事制限の要らない痛風・高尿酸血症改善法





この改善法は14年間、痛風で苦しんだ末、薬に頼らずに好きなビールを飲んだり食事をしても痛風を改善できる方法を発見した痛風家庭医学研究会代表の王雪健(ワン・シュエチェン)先生の痛風改善法です。

14年間のうち、17回の痛風発作に襲われ、医者の言うとおりにビールや厳しい食事制限をしても一向に痛風が改善されずに、自分自身で研究を始め、1年かけてこの痛風改善方法を作り上げました。

痛風・高尿酸血症改善プログラムでは、痛風や高尿酸血症の根本原因に対して最適な改善法となるための工夫がされています。

この痛風改善法を実践した700名以上の人が、痛風を改善し、3年以内に発作を再発した人は誰もいないという改善方法です。



病気は重くならないうちに改善するのが一番です。

あなたも腎障害などの合併症で苦しむ前に、痛風を改善してみませんか?

あの辛い痛風の激痛を二度と経験したくないなら、今すぐこの痛風改善法を実践する事をおススメします。

あなたが痛風の発作に怯えることもなく、好きなお酒や食事を楽しみ、健康で毎日が送れるようになる事を祈っています。



「高尿酸血症・痛風は薬・厳しい食制限なしで改善できる!」について

高尿酸血症や痛風で苦しんでいる人は、好きなビールや食事を制限されて、楽しみのない食事をしていながら、なかなか痛風も改善されず、時々激痛を伴う発作を起こす恐怖に怯えていますよね。でも好きなビールを飲んで薬も飲まず、厳しい食事制限をしなくても痛風が改善され、10年以上も発作が起きていない方法があるのですが、あなたも試してみたいと思いませんか?

住宅ローン